• cronとシェルスクリプトで特定ディレクトリを自動でバックアップする

    前回、Pythonで特定のディレクトリをバックアップするプログラムを書きましたが、シェルスクリプトであればわずか3行で実装できます。 プログラムの概要 実際に動かしてみる メリットとデメリット 結論 関連記事 プログラムの概要 ソースコード #! /bin/bash #dateコマンドで年月日を抽出 date=`date "+%Y%m%d"` #cpコマンドで引数に指定したファ...
  • 【初心者向け】Ubuntuをインストールした後に覚える、面白い実用コマンド20連発

    Ubuntuをインストールした後に覚えておきたい、おもしろいコマンドを20個まとめておきました。なるべくコマンド嫌いの方向けに目に見えて、結果がわかりやすくて面白いコマンドを中心に集めたので、きっと楽しめるでしょう。 またコマンドの[面白さ]の他に、[難易度]や[便利度]、[活用例]も5段階で評価しま...
  • sedコマンドの使い方と活用例

    sedはコマンドラインからテキストの抽出や置換、削除などの処理を正規表現を使用して行うことができるストリームエディタ(Stream EDitor)プログラムです。 例えば、ようやく仕上がった原稿に、大量の誤字が見つかりました。誤字のあるファイルが一つだけの場合は、vimなどのエディタを起動して置換処理を...
  • シェルの標準入出力と標準エラー出力の取り扱いについて

    • 投稿日時:
    • CATEGORIES:
    • TAGS:
    シェルには標準ストリームである標準入出力と標準エラー出力を取り扱うためのファイル識別子が用意されています。ファイル識別子を活用することによって、エラー出力の収集など様々なものに応用可能です。 標準入出力と標準エラー出力の違いとは 標準入出力と標準エラー出力の取り扱い方法 活用例 結論 標準入出力と標準エラー出...
  • dfコマンドの使い方と活用例

    dfコマンドはシステムにマウントされているディスクの使用量を確認するコマンドです。 dfコマンドの使用方法 活用例 結論 関連記事 dfコマンドの使用方法 dfコマンドの書式は下記のようになっています。 df [オプション] [対象のディレクトリ] オプションの指定がないとマウントされている全てのディスクの使用量を確認で...
  • cronの基本的な使い方と活用例について

    指定した時刻になったらコマンドを自動的に実行してくれるのがcronです。デーモンとして稼働するので作業の邪魔にならず、管理者権限が必要なコマンドであっても問題なく利用できるので非常に便利です。 cronについての概要 crontabの使い方 活用例 結論 関連記事 cronについての概要 cronとは 先述の通り、...
  • wgetコマンドの使い方と活用例

    wgetはリモートホストに存在するコンテンツをダウンロードするためのコマンドです。一般的なLinuxOSにデフォルトでインストールされていることが多いことから、すぐに利用できるでしょう。 wgetを使いこなすことができるようになれば、インターネット上のコンテンツをサイトに直接訪問せずにダウンロードでき...
  • findコマンドの使い方と活用例

    findコマンドを使用すれば、特定の名前のファイルやディレクトリの場所を再帰的に探すことができます。ファイルやディレクトリのパスがわからなくなった時に利用することになるので必ず覚えておきましょう。 findコマンドの使用方法 活用例 結論 findコマンドの使用方法 findコマンドの書式は下記のようになって...
  • historyコマンドの使い方と活用例

    Linuxで利用されているhistoryコマンドは、これまでシェルに入力した内容を一覧にしてシェルに出力するコマンドです。過去に入力したコマンドが表示されるので、作業を振り返りたいときには役立ちます。 historyコマンドの使用方法 .bashrcを編集して機能を拡張する 活用例 結論 historyコマン...
  • grepコマンドの使い方と活用例について

    grep(Global Regular Expression Print)コマンドはその名の通り、指定したファイル全体から正規表現に一致する行を検索して表示するコマンドです。複数のファイルをまとめて検索したり、オプションでディレクトリを再帰的に検索したりする機能が用意されています。 特定の文字列を検索して、その文字列が含まれているファイ...